金利の高いキャッシングの使い道

普段からお金のやりくりに気をつけている人でも、予期せず急にまとまったお金が必要になることもありえます。特に、給料日前やボーナス支給日前になると、手持ちのお金や銀行預金の残高が少なくなることも多いのですが、このような時に、どうしても断れない飲み会などのイベントが続くと、出費が増えてしまって給料日までのやりくりが難しくなります。そのようなときには、すぐに借り入れが可能なキャッシングが便利です。 ただ、借りたお金は必ず返す必要がありますし、さらに、金利があって利息支払いも発生します。従って、お金のやりくりがちょっと苦しくなったからといって、安易に借金に頼ってしまうのは、後々返済に苦しみ後悔することにもなりかねません。そこで、利用する前に基本的な知識を頭に入れておくことは重要です。

お金が必要なときにすぐに借り入れ可能

キャッシングの一番のメリットは、利便性のよさにあります。利便性の高さとしてまず挙げられるのが、借り入れ可能となるまでのスピードの速さです。初めて利用する場合は、まずは業者と契約申し込みを行う必要があります。ただ、最近では契約申し込みはネットから行うことができるのが主流であり、申し込んでから審査結果が出た後も、そのままネットで契約手続きを完了することができます。 また、審査スピードも速く、申し込んでから30分程度で結果が出ることも多いです。そのため、申し込んだその日のうちに契約完了することも可能です。また、借り入れは、郵送で届いたカードを街中のATMで使用して行うことも可能ですし、指定した銀行口座に振り込む形で借り入れすることも可能です。振込を利用すれば、申し込み日にすぐにお金を借りることも可能となります。

金利が高く返済負担が重いのがデメリット

このように大変利便性の高いキャッシングですが、当然デメリットもあります。その最たるものは、金利の高さです。金利とは、借り入れ額に対する利息の割合のことで、これが高いと、支払うべき利息の額が高くなります。毎月の返済日には、一定の返済額の他に、この利息の額を合わせて返済する必要があるのですが、利息が高ければ高いほど返済負担が大きくなります。 そのため、ちょっとお金のやりくりが苦しくなったという程度で、頻繁に借金を重ねていては、借入総額が膨らんでいき、利息支払いがかなり重くなってきます。また、借金をすべて返済までに要する期間もどんどん長くなっていきますから、完済までの道のりが遠のきます。常に借金を抱えている状態になることがないよう、余裕のある月には繰り上げ返済を利用して早めに返済することも必要です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加