キャッシングの上限枠はどのようにして決まるの?

クレジットカードやカードローンのキャッシング枠には上限が設定されており、それ以上利用することができなくなっています。キャッシング機能は枠内であれば自分の好きな時にお金を借りることができる便利なアイテムですが、中には枠ぎりぎりまで使ってしまい、常に支払いに追われてしまう人も少なからず存在しています。お金を借りたら必ず利息をプラスして返済をしなくてはなりませんので、借りれば借りるだけ負担も大きくなってしまい、支払いができなくなってしまう人もいるのです。 かつて借金問題が大きな社会問題になったことから、現在では法律によって一部の企業の貸し出しに関しては規制されています。限度額は借りる金融機関の種類によって異なりますので、今よりもさらに大きな限度額を設定してもらいたい人は、契約先を選ぶことも大切です。

貸金業者を規制する少量規制について

お金を借りる先は主に銀行や信用金庫のような銀行法の規制下で営業する企業と、貸金業法の規制下にある貸金業者に分かれます。クレジットカードを発行している信販会社や消費者金融は貸金業者です。銀行法は厳しい監視のもと営業しているという一定の信用のもと、自由な貸し出しが認められていますが、貸金業法の規制下にある企業では「総量規制」が適用されます。 総量規制とは、年収の3分の1以上の貸し出しを原則禁止するもので、契約額が50万円を超える場合、他社での借入額と契約額の合計が100万円を超える場合は収入証明書の提出を必要とします。そのため、貸金業者での上限枠は年収の3分の1が最大となり、それ以上を借りてしまうと法律違反となってしまい、企業側に行政処分が下る可能性が出てきます。

銀行からの借り入れと上限枠の設定

一方銀行にはそのような規制がないため、事実上無限に貸し出しをすることができます。そのため住宅ローンのような年収の何倍もの貸し出しが可能となっています。銀行からの借り入れは本人の年収や他社借り入れ状況、過去の利用履歴などを参考にした上、銀行側が決定しますので、上限枠を年収の3分の1以上にしたい場合は必ず銀行や信用金庫を借入先として選ばなくてはなりません。限度額は信用力によって決定されますので、高く設定してもらいたい場合は信用を失わないような取引が必要です。例えばその銀行に預金口座を持ち、普段から生活決済として利用したり、給与の支払先として指定するだけでも信用に影響をおよぼします。 また最近の銀行のローンでも保証会社が消費者金融になっているところも多く、保証会社の保証を得なくては契約することはできません。保証会社になっている金融機関とも取引実績があると、契約、上限アップの可能性は上がります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加